CATEGORY

やだより

宿題8倍!!

今日は小学生計算教室に通っている、ある生徒のことについて書こうと思います。 5月の終わりごろ、私が計算教室の授業の準備をしていると、その子が突然私の元へ来て言いました。 「宿題、1日プリント3枚やります!!宿題たくさんください!!」 1日3枚ということは1週間で21枚ですが、いきなり21枚は大変だろうということで、土日は除くかたちでとりあえずは15枚を渡しました。 他の生徒に出す宿題はだいたいプリ […]

年号を暗記する方法

今日は、先週の記事の続きで、私が受験期にやっていた年号の暗記方法を紹介します。 その方法とはズバリ、単語帳を使うことです。 単語帳の表面に出来事、裏面に年号を書いて、 最初は出来事の面だけ見て年号を答えていき、1問でも間違えたら最初からやり直し。単語帳の最後まで完璧に正解できるようになったら、今度は年号の面だけを見て出来事を答えられるようにしました。 どちらの面でも完璧に正解できるようになったら、 […]

年号問題だけは誰にも負けない

突然ですが、受験生の皆さんは「マルコ・ポーロが東方見聞録を書いた年」「中尊寺金色堂が建立された年」「平等院鳳凰堂が建立された年」を覚えていますか? 私は受験生の時、これらを含めた、教科書に載っているすべての年号を暗記していました。 中国の王朝が変わった年や、日本の時代・将軍・天皇が変わった年などを含め、 奴国の王が魏に使いを送った57年から、PKO協力法が成立した1992年までの全てです。 私が実 […]

終了時刻1分前でも質問

先日、ある生徒から数学の質問を受けました。 時計を見ると21時59分。 その質問にどう答えるかを考えているうちに、22時になってしまいました。 「これ難しい問題だから解説に10分くらいかかるけど、明日にする?」 と尋ねましたが、 「いや、今お願いします!!」 と即答。 これには私も気合が入り、 「よっしゃ!!やろう!!」 と、張り切って解説しました。 その生徒、前回の一学期中間テストの勉強の時には […]

空手の道場に行ってきました!

先日ブログで書いた空手の先生に「日曜日の稽古に来ないか?」と言われたので、6月6日(日)に道場に行ってきました! 空手を実際にやるのは約15年ぶりでした。 現役の頃の準備運動くらいの量しか動いてないのに、拳の皮は剥け、酸欠で頭痛を起こし、全身筋肉痛です。 本当に情けない(笑) やはり運動はこまめにしておかないとだめですね。 自分の身体がいかに衰えているかがよく分かりました。 ここからは少し、私が空 […]

懐かしい写真をもらいました!!

今週の火曜日、中3理社の授業前、塾長の山口が不在のため、代わりに授業の準備をしていると、一人の生徒に声をかけられました。 生徒は、 「これ、空手の先生から渡すように言われました。」 と言い、2枚の写真を手渡しました。 なんと、そこには空手少年だったころ(小学2年生)の私の姿が!!! いやはや本当に驚きました。 その生徒が私の通っていた道場に通っていることは知っていて、何回かその道場について話したり […]

うれしいことがありました!

一学期中間テストが終了しました。 納得のいく点数は取れましたか? ライバルに惜しくも負けてしまった人、もったいないミスをたくさんしてしまった人は、「まあいいや」ではなく、ぜひ次につなげてください。次は絶対に負けないという意志を持ってください。 さて、中間テストが終わり、月曜日は久しぶりに、生徒全員そろっての授業でした。 授業中、とてもうれしいことがありました。 それは、テスト期間に入る前と比べて、 […]

初めての定期テスト

本日は大東中と福原中が一学期中間テスト本番です。 中1生にとっては人生で初めての定期テストですが、私にとっても、授業を受け持って初めての定期テストなのでかなり緊張しています… 昨日、私の受け持っている中1生には、帰り際に一人ひとり声をかけました。 ・計算ミスはないか、ちゃんと見直しをすること。 ・整数、自然数、絶対値、不等号だけは絶対に間違えないようにすること。 ・英文の最初が大文字になっているか […]

100点を取るために必要なこと

皆さんは、100点を取るために必要なことって何だと思いますか? その範囲の一問一答や記述に全て対応できるように勉強すること? ワークや英語の教科書の本文を全て暗記すること? 上の2つができている人は、90点を超えることはできるでしょう。 しかし、100点を取るためには、それだけではまだ足りません。 100点を取るために必要なこと。 それは、テスト本番での、圧倒的なまでの「見直し」です。 見直しとい […]

まずは速く書けるようになろう

私の授業では、はじめに板書を渡して、 「これを○分以内に写してください。終わらなかった人は家で写してきてもらいます。」 という形式をとることが多いです。 制限時間を引き延ばすことはほとんどありません。 この形式をとるのには理由があります。 それは、今のうちから速く書く癖をつけてほしいからです。 私は、生徒の時から、山口先生に言われ続けてきました。 「書くスピードの遅いやつが、速いやつに勉強で勝てる […]