講師紹介

塾長 山口将志(やまぐち まさし)

ホームページ用

地元川越に生まれ育ち、大学生時代よりアルバイトで家庭教師、学習塾講師を経験。その後、大手学習塾に就職し、中学受験・高校受験指導にたずさわる。平成19年に地元川越に戻り、高校受験指導をメインとした『山口学習塾』を立ち上げる。当時はアパートの1室で4名の生徒から始まった学習塾だが、生徒の増加とともに徐々に規模を拡大し、平成28年には『株式会社山口学習塾』として新たなスタートをきる。平成29年からは卒業生もスタッフとして戻ってきてくれ、さらに活気ある学習塾となっている。趣味はランニングと庭いじり。地元の小江戸川越マラソンは第1回から連続出場継続中。ハーフマラソンの自己記録は1時間28分26秒。現在は狭山市在住の3児の父。

小学部主任 数学・国語マスター 樋口淳一(ひぐち じゅんいち)

樋口淳一

2014年より勤務。塾長の山口とは中学生の頃からの友人。彼が教室に入るだけで笑いが起きるほど塾長の山口からはいじられているが、それも信頼の証。しかし生徒の成績UPのためなら妥協を一切許さない。できなければ補習は当たり前。補習の補習も当たり前。再テスト、再々テスト、再々再テストも当たり前。特に受験生の夏期講習指導を得意としており、8月の一か月間のみで北辰テストの塾生平均偏差値を数学は5以上、国語は4以上上昇させる力を持つ。自身が主任をつとめる小学生指導では英単語の暗記、計算問題の徹底的な演習など、中学生になったときに必要となる力の養成にこだわりを見せる。授業準備も一切手を抜かない職人気質。指導教科は国・数。

講師 期待の若手 矢田力椰(やだ りきや)

山口学習塾の初めての生徒であり、小学6年生から高校生まで山口学習塾に通っていた。(当時、山口学習塾には高校生用の個別指導が存在した。)大学生となった後もアルバイトとして山口学習塾に携わる。塾長の魂、主義主張を最も理解してくれている卒業生の一人である。全く別の分野で社会人経験を積んだ後、2020年10月から再び山口学習塾の指導に力を貸すために戻ってきた。塾長、樋口からはだいぶ年の離れた期待の若手だ。

サポーター

滝本 晃聖(たきもと こうせい)

2015年卒業生

サポーター

塩川 七海(しおかわ ななみ)

2015年卒業生

サポーター

本間 祐理慧(ほんま ゆりえ)

2016年卒業生

サポーターリーダー

大崎 拓己(おおさき たくみ)

2016年卒業生

サポーター

川内 陸(かわうち りく)

2016年卒業生

サポーター

山城 俊介(やましろ しゅんすけ)

2018年卒業生

サポーター

中村 詩春(なかむら うたはる)

2018年卒業生

サポーター

大河内 智(おおこうち とも)

2018年卒業生

サポーター

小林 華奈(こばやし かな)

2018年卒業生

サポーター

金子 真弥(かねこ しんや)

2018年卒業生

サポーター

蒲池 太陽(かまち たいよう)

2018年卒業生