オシャレな英語を使いこなす

こんにちは、サポーターの染井です。

毎回古文漢文の記事を書いていると皆さんが飽きてしまうかもしれないので、今回は英語に関する記事を書いていこうと思います。

先日、同期のサポーターの相川さんとピアスの話をしていました。

その日は、相川さんがいつもつけていたものとは違うオシャレなピアスをつけていたので、どこで買ったものかを尋ねてみたところTiffany&Co.というブランドのものだそう。

かなり有名なブランドでデザインの凝ったアクセサリーを多く扱う女性向けのショップです。


今回注目するのはそのTiffany&Co.というブランド名です。

皆さんは「Co.」の意味が分かりますか?

「Co.」という文字列は様々な場面で目にすることがありますが、実はこれはある単語の省略形です。

その単語とは“Company”、会社を意味するこの単語を省略して、Tiffanyの後ろに&Co.を付けたみたいです。

というのも、もともとTiffanyさんとYoungさんの共同経営で始まった Tiffany & Young という“会社”が、Youngさんが経営から退いたため社名を Tiffany&Co.に変えたという歴史があるのだそう。

&Companyよりも&Co.と省略した方が少しオシャレになった気がします。


オシャレな英語と言うと、個人的には「スラング」を思い浮かべます。

「スラング」とは俗語のこと。

つまり、改まった場面では使えないような少しくだけた言葉のことです。

日本語で例を挙げるなら「ヤバい」とか「エグい」、「マジで」のような言葉がそれに該当します。

英語にもこのようなフレーズはたくさんあります。

Awesome!は日本語で言う「スゴイ!」に当たる(厳密には違うかもしれません)言葉ですが、アニメやゲームで見たことがある人も多いのでは?


私の好きなスラングはASAP(エイサップ)です。

これはas soon as possibleの頭文字をそれぞれとったもので、意味は「できるだけ早く」です。

比較の範囲でこの文法は抑えられているはずですので、2,3年生の生徒たちにはas soon as possibleの意味は伝わりますよね?

他にもDopeというスラングがありますが、日本語の「ヤバい」「最高!」と似た使われ方をします。

私の好きなアーティストのBTSが“Dope”という曲を出していますがここでも「ヤバい!」といったニュアンスで使われています。

曲調もダンスも、何よりメンバーがめちゃくちゃカッコいい、それこそDope(=最高!) なので、皆さんも是非一度ミュージックビデオを見てください。


話が逸れてしまいましたが、今回は英語の省略、そしてスラングについて紹介しました。

いつか英語がペラペラになって現地でスラングを使ってみたいものですが、なかなか一筋縄ではいかないことでしょう……。

私も生徒の皆さんに負けないように英語の勉強に励み、“オシャレ”な英語を使いこなせるようにしてみせます!