受験勉強を乗り越えた先に

こんにちは、サポーターの染井です。

今回は受験勉強を終えた先にある「高校生活について」というテーマで話そうと思います。

私は現在は四年制の大学に通っています。

大学の授業や課題、アルバイトなど様々な予定が増えますが、今でも私は高校の仲間と会ったり、実際に高校に顔を出しに行ったりなどしています。

濃密な三年間の青春を共にした友達との絆がとても固いからこそ、卒業した今でもこうしているのでしょう。

高校生になると体育祭や文化祭などの行事、部活動、何から何まで中学の頃よりボリューミーで充実すると思います(ここでは勉強の質も量もボリューミーになってしまうってことはみんなのためを思って書かないでおこうかな)。

例えば体育祭、私が通っていた高校では各クラス決められた団の色に合わせて3年生が自由にコスプレをするという慣習がありました。

私は三年生の時に「呪術廻戦」の『両面宿儺』のコスプレをしました。皆さんご存知でしょうか?着物を着て顔に模様のシールを貼り、領域展開の指の形を覚えていろんな人と写真を撮りました。周りには同じく呪術廻戦の五条悟やワンピースのルフィやゾロ、鬼滅の刃の炭治朗や禰豆子のコスプレをしている人もいて、大変盛り上がりました。

続いて文化祭、どの高校にも文化祭の後に校内だけで行われる後夜祭というものがあると思います。有志の人がそれぞれ面白い企画を用意してステージで披露します。歌を歌ったりダンスをしたりコントをしたり、笑いの止まらないイベントだと思います。

私も後夜祭に出場しました。私の高校の後夜祭には「ファッションショー」というイベントがあり、それに参加しました。どういうイベントかと言うと、毎年一つのテーマに沿って各チーム衣装を用意してパフォーマンスをするものです。私たちの代のテーマは「おとぎ話」でした。私のチームは「長靴をはいた猫」というおとぎ話に合わせて衣装を用意して、ステージ上でダンスを踊りました。歓声や拍手と共にみんなが盛り上げてくれて、大変嬉しかったのを覚えています。

今でも数々の思い出がよみがえります。部活動にも全力で向き合いました。最後の大会で敗れ、引退が決まった際には涙も流しました。部活の仲間やクラスの友達とディズニーやBBQ 、スポッチャや旅行など色々なところに出かけました。昼休みには任天堂スイッチでクラスメートとスマブラをやったり、冬には、昔ながらの上部分が熱くなるタイプのストーブの上で餅を焼いたり、全てを話しきるには長くなりすぎるほどの青春だったと思います。

何をしていても楽しい友達、そういった存在を皆さんにも高校で見つけてほしいと思います。行事に、部活動に、勉強に、あとはちょっぴり恋愛なんかも。「何事にも全力で取り組むこと」、これこそが高校生の一番の課題だと思います。もちろん高校生活の過ごし方は十人十色なので、あくまでこの話は私個人の一例と思って聞いてください。

長くなってしまいましたがどうでしょうか、イメージはつきましたか?

僕の話からは高校生活の何たるかを全て伝えることはできなかったと思います。それでも皆さんが高校生活について夢を抱き、少しでも勉強のモチベーションに繋がるのならばこうして長々と語った甲斐があるというものです。

高校入試を控える3年生の皆さんはこれから勉強漬けの日々が続き、嫌になって逃げだしたくなるかもしれません。それでもそこで何とか踏ん張り駆け抜けることで、きっと楽しい高校生活が迎えてくれると思います。栄えある高校生活めがけて辛く長い受験勉強を乗り越えていきましょう!