難しい方がチャンス

中学2年生は2学期の予習内容を学習しています。

数学でいうと一次関数。

英語でいうと不定詞。

一次関数も不定詞も難しいですよね。

「一次関数、超意味不明!!」という皆さんの心の声も聞こえてきそうです。

でも、ちょっと考えてみてください。

自分が難しいと思っているということは、周りのみんなも難しいと感じるということです。

「超意味不明!!」と心の中で叫んだあと、皆さんはどういう気持ちになりますか?

「訳が分からないから、もう諦めたい…。投げ出したい…。」

そんな気持ちになるかもしれません。

ということは、周りの友達も同じように思う人が多いのではないでしょうか。

そして、実際考えるのを諦めてしまう、できるようになるまで努力することを投げ出してしまう…

そういう人も出てくると思います。

だからこそ、そこで踏ん張れれば差がつけられるのです。

「超意味不明!!でも、ここで何とか踏ん張れば周りの人よりできるようになるかもしれない!!」

山口学習塾の生徒さん達には、そういう気持ちで難しい内容にも何度も何度も立ち向かって欲しいと思います。

難しい方がチャンスです。

一次関数、不定詞、間違いなく差が出る学習範囲ですので、一歩も二歩も先に進んで二学期を迎えましょう!