夏期講習に向けて

こんにちは、サポーターの佐山です。いよいよ7月の末から夏期講習が始まります。ここでの頑張りが1,2年生は2学期のテスト、3年生は直接受験に関わってくるとても大事な期間となります。今回は特に受験生である3年生に向けて少し書かせていただきます。

まず、この夏休みがこれから高校入試までの時間で基礎固めを行える最後の時間になると思います。なぜならこの先はこれから学ぶ新しい範囲の勉強もしながら北辰テストや入試本番に向けた問題演習の時間となってくるからです。基礎が備わっていないと問題演習で取り組む応用問題に手も足も出ません。かといって問題演習をせず、基礎固めをやっていては本番の入試までに十分な演習量を確保することは難しいでしょう。そのためこの夏期講習期間が基礎固めのラストチャンスとなる訳です。

受験生にはお盆休みと日曜日を除いてほぼ毎日塾に来て授業や自習を行ってもらいます。また私の中3時代と同様、夏期講習期間で終わらせなければならない大量の課題が与えられるはずです。正直私も夏期講習の初日に心が折れかけました。しかしその頃から周りの友達たちと誰が一番早く課題を終わらせられるか競う雰囲気ができていたので、そこまで苦にならずに、どちらかと言えば楽しんで進めることができたと思います。もちろんそれは先生が厳選した重要なプリント達なので、実際に自分の力になり、その後の北辰や問題演習に大いに役立てることができました。

夏期講習の間は授業の量も多いですが自習の時間もかなりあります。もちろん課題をガンガン進めるのも大事ですが、授業や課題を行っていく中で自分の弱いところを見つけた場合には、少し立ち止まってその部分の知識を再度入れ直し、その先の勉強のための土台をより強固なものにしていくこともとても大切な部分になります。

入試で問われる範囲は中学校で習ったこと全てです。1年生の頃からの知識をしっかりと確認しなければならないため手を抜いている時間はもうありません。しかし焦らなくても、与えられた課題や授業をしっかりとこなしていれば、必ず夏休み中に基礎を固めることができます。夏休み中に自分の力が伸びているか不安になるときもあるでしょう。しかしそこで挫けずに地道にやっていれば確実に自分の学力として数字に出てきます。私たちも質問対応や丸付けなどで皆さんの成績アップの手助けを全力で行っていくつもりです。

すでに真夏のような気温になっていますが、まずは健康第一で生活し、来たる夏期講習に向けての助走の期間としてこの7月を乗り切り、3月の合格発表で笑っているための大事な夏を全員で乗り切っていきましょう‼