点数アップへのアドバイス

サポーターの佐山です。今回は約2か月間皆さんの勉強を見てきて、「ここを意識すればさらに点数が上がりそうだな」と感じたことを書かせていただきます。この記事が少しでも役に立てば嬉しいです。

私は本校とBasicの両方でサポーターをやらせてもらっています。それを通して、さらに点数を上げるために2つほど意識してもらえるといいな、と感じることがあります。それは「問題文をしっかり読んでいないことが原因のケアレスミスをなくすこと」、そして「分からなかったときに質問すること」です。

さて、1つ目はどうでしょう?心当たりのある人もいるかもしれません。かくいう私も、ものすごくケアレスミスが多いタイプでした。何度も問題を読まずに答え方を間違えてバツをつけられてきました。いまここで偉そうにブログを書いているのを山口先生や樋口先生に怒られてしまうかもしれません(笑)。

英単語の過去形を答えるのに日本語で意味を答えてしまった。数学でプラスとマイナスを間違えた。理科で物質の化学式を答えるのに物質名を答えてしまった。そういうミスを挙げればキリがないし、点数を落としたとしても多くて5点程度です。さほど大きなことではないかもしれません。しかしこの5点が受験では大きな意味を持ちます。合格点のたった5点下は不合格であり、その高校には入学することができないのです。そんな大事な5点分を落とした理由が、「問題を読み間違えたから」なんて本当にもったいないです。

これの解決策はたった1つです。意識することは難しいのですが「問題をしっかり読む」ことだけです。最初は見落としで点数を落としてしまうことがあるかもしれませんが、そのミスをするたびに「次はしないぞ」「次はしないぞ」と自分に刷り込んでいくことで自分に問題をしっかり読むクセを作ることができると思います。

そして2つ目に関してです。みなさんは勉強をしている際に分からないことがあったとき、先生やサポーターの説明が分からなかったとき、質問をしていますか?

質問は決して恥ずかしいことではないし、むしろその後の自分にとって役に立つことがほとんどのはずです。これは実体験なのですが、質問をして得た知識は、次に使うときに「質問した会話の内容ごと思い出すことができて」すぐに定着しました。質問して返って来た答えが分からなかったときも、分かるまで何度も質問することでさらに自分の力になってくると思います。

まだまだ私も上手く答えられない質問はあるかもしれませんが、聞いてくれた質問には丁寧に答えます!!何度も同じ質問がきても全く問題ありません。むしろ大歓迎です!!!

これから新年度が始まって初めてのテストが返ってきます。その結果が良くても悪くてもしっかりと内容を受け止め、これからの受験勉強や日々の学習に向けて全力で取り組んでください!!私もそれを全力でサポートします!!!