やらせきる覚悟

山口学習塾は補習、再テストが多い塾です。

昨日も18:00から中1が数学の再テスト、中2が授業後残って再テスト。

昨日、合格できなかった生徒に関しては、今日も再テストに来てもらいます。

そうやって合格できるまで、再テストが永遠と続きます。

授業の最後に確認テストを行い、できていなければ再テスト。

それでもできなければ再々テスト。それでもできなければ再々再テスト。

数学の授業では基本的にこのサイクルが続いていきます。

週1回の数学の授業に対して、それこそ週2回の補習や再テストをやるくらいでなければ、成績向上などなかなか望めないと思います。(それでも成績を上げられない場合もあります。)

今通われている塾に週1回の授業に行き、何となく宿題を提出して過ごしている生徒さん。

そして、塾に通い始めてから今まで成績が上がるどころか、下がってしまっている生徒さん。

自分自身でも「こんな勉強量では成績が上がらないのでは?」と気づいている人もいるかもしれません。

多くの中学生を見て来てハッキリ言えますが、週1回の授業と宿題をやっているだけで成績を上げられる生徒さんは、本当に少数です。

成績を上げるには、出来ない部分に対して、それこそ本人が嫌がっても何が何でも分からせるまで補習を組むとか、再テストを繰り返すとか、絶対に逃がさないで、やらせきる覚悟が学習塾側にも必要だと我々は考えています。