まず、一週間と月を覚えてください。

私立高校入試、ご苦労様でした。

これで入試が終わった生徒たちは今度は高校に向けての勉強を開始していってください。

少しでも順調な高校生活をスタートできるよう準備をしておきましょう。

公立高校志望の皆さんは、いよいよ最後の一か月になりました。

私立高校入試が終わって一息ついている暇はありません。

ここからは一日、一日、大事に過ごしていきましょう。

一日、一日、漠然と「何となく勉強したなぁ」ではなく、

「今日は〇〇を完璧に覚えた」という学習を積み重ねてください。

皆さんは年末に私が出した課題を覚えているでしょうか。

英語の一週間、月、数字の英単語テストの暗記を出しましたよね?

そのとき、「これくらいは絶対に間違えないように完璧に覚えてよ。入試で出るんだから。」と言いましたよね?

その後、入試模擬テストを重ねてきましたが、まだまだ一週間や月のスペルを間違えている人が多いです。

それではダメなんです。

「何となくやった」「何となく覚えたつもり」

それでは得点にならないのです。

この記事を読んで、心当たりのある受験生はまず一週間と月を覚えてください。

一か月前の年末に同じことを言われて覚えられなかったのです。

覚える意識が足りなかったのです。

ここで覚えられなかったら・・・

一か月後は本番の入試です。

本番の入試で点数を落としてしまう、ということです。

その分だけ合格から遠ざかる、ということです。

「いつか覚えればいいか。」で済まされる期間はもう終わっています。

「ヤバい…」と気づいたときに目の前の知識を覚え切ってください。