宿題8倍!!

今日は小学生計算教室に通っている、ある生徒のことについて書こうと思います。

5月の終わりごろ、私が計算教室の授業の準備をしていると、その子が突然私の元へ来て言いました。

「宿題、1日プリント3枚やります!!宿題たくさんください!!」

1日3枚ということは1週間で21枚ですが、いきなり21枚は大変だろうということで、土日は除くかたちでとりあえずは15枚を渡しました。

他の生徒に出す宿題はだいたいプリント2枚くらいなので、約8倍の量をやることになります。

私は「お!やる気だな!」と嬉しく思いつつも、内心は、続けられるのか不安でした。

ところが、1カ月経っても2カ月経ってもやめようという様子はなく、なんと今まで毎週続けています!!

自分から言い出したとはいえ初めのうちはけっこう辛そうで、最後の何枚かをやれずに持ってきていたりしましたが、最近は、すべてのプリントを当たり前のようにやってくるようになりました。

小学生のうちからそうやって毎日コツコツ努力を続けられる人ってなかなかいないと思います。

というか、大人でもできる人は少ないのではないでしょうか。素直にすごいことだと思います!

その努力の甲斐あってか、細かい計算ミスはたまにするものの、正負の数の四則計算まではほぼ完ぺきにできるようになっています!

現在、小学生計算教室では、正負の足し算引き算から四則計算までのテストを9割合格でやってもらっていますが、最後まで合格できたら、その先の難しい内容(文字式)をやっていく予定です。

文字式は中学1年生で最初につまずくポイントです。最初は難しいと感じると思いますが、必ず乗り越えてくれると信じています!