これからが楽しみです!

小学生計算教室に通う小4の生徒。

生徒:「水曜日は6時間目までになるので、家に帰ると遅刻するからランドセルのまま塾に来ていいですか?」

私:「もちろん、いいよ!」

水曜日、学校から直で来たため、授業開始50分前に塾に着いたその生徒。

最初は私と話をしたり、ホワイトボードに文字を書いていたりしていましたが、

生徒:「あ、学校の宿題やんないと」

それから宿題に取り組む約30分間。

一言も発しない。

よそ見も、時計の確認もしない。

超超超 集中モード。

小4ですよ?

まだまだ甘えが残る年頃じゃないですか。

中学生でも集中が切れて、チラチラよそ見をする生徒がいるのに、これだけ集中できるというのは本当にすばらしい!

「やらされている」のではなく「自分の意志でやる」というのは、本当に“強い”。

実際、この子は小4の段階で、小5終了レベルの算数ができるようになっています。

この生徒がどんな中学生になるのか、

中学生になってから定期テストでどんな結果を出すのか、

これからが楽しみです!