2014年、初めて山口学習塾に来たときの衝撃。

現在、一学期中間テスト対策期間中です。生徒は毎日3時間、塾に来て学習しています。

今はテスト対策期間中の土日、休日の学習時間は6時間ですが、新型コロナウイルス感染症が流行する前までは10時間の学習でした。

中学生のときに一日に10時間学習したことは私にはありません。

2014年、山口学習塾に来て、初めてテスト対策期間中に学習している生徒を見たときに衝撃を受けたのを今でもよく覚えています。

本当に心の底からすごいと思いましたし、今でもその気持ちは変わりません。

学年、学校によって、学習時間は違いますが、今回の一学期中間テスト対策でも一番学習時間が長い学校では80時間以上学習することになります。

それだけの時間、塾に来て学習するのです。

だからこそ、必ずテストで良い結果を出さねばならないのです。

我々としても必ず良い結果を出してもらわなければなりません。

そのためにはできる限りのサポートをします。

例えば、我々にできるのは質問された問題に対して、わかりやすい説明をするように努力したり、テストで点を良い点をとるために必要な量の課題を用意するといったことでしょうか。

我々にはサポートしかできません。

我々が代わりにテストを受けることはできないのです。

みなさんが、自分の力で点数をもぎ取ってくるしかないのです。

山口学習塾で学習して、もぎ取った良い点数は誰が何と言おうと100%本人の努力です。

もしかしたら我々がサポートしてしまうことによって、それに甘えてしまうんじゃないかという見方もあるかもしれません。

しかし、今まで山口学習塾に通ってくれていたほとんどの生徒が最終的には我々のサポートを離れ、学習できるようになりました。

そして、その中には卒業して高校生になってからも自らの意志で塾に来て学習している生徒がいたり、

サポーターとして、共に働いてくれる生徒がいたり、

講師として、山口学習塾に戻ってきてくれた生徒がいます。

いろいろな生徒たち、保護者様のおかげで山口学習塾は成り立っているのだと思います。

本当にありがたいことです。

だからこそ我々も責任を持って、生徒の成績を必ず上げなければいけないなと改めて思います。

生徒のみなさん、本当に大変だとは思いますが、何とか食らいついてきてください。