塾講師ではなく一人の人間として

先週の新中3数学の授業で、生徒には少し厳しい話をしました。

今日、この授業で手を抜くことが、来年の受験で不合格になる確率を高めていくということを。

実際に授業中、少し手を抜いていた生徒がいましたが、かなり厳しい言葉をかけました。

大事なのは今なんです。

来年の合否を決めるのは、今、この一瞬をどれだけ真剣に、手を抜かずに学習に取り組めるかということです。

この先、受験まで、気分が乗らない日も、体調がすぐれない日も、疲れて勉強したくない日も、眠気を我慢できない日もあるでしょう。

そのときに、歯を食いしばって目の前の学習に集中できるか。

そして、自分一人が辛いわけじゃないと思えるような仲間がいるか。

受験前日、みんなで集合写真を撮ったときの受験生の顔。

昨日、合否を伝えてくれたときの顔。

本当にみんな良い顔をしていました。

みなさんを私は塾講師としてではなく、一人の人間として誇らしく思います。

今年の受験生も先輩たちのように公立高校受験を通して大きく成長してもらいたいと思います。

今年は去年以上に生徒に厳しく接しようと思います。

今年の受験生。

遅刻や、居眠り、手抜きがないように。