一人だけの問題じゃない

山口学習塾は集団指導塾です。

集団指導塾は一つの学年が一つのチームだと思っています。

もちろん、全員が仲良く友達になりなさい、というつもりはありません。

当たり前ですが、学校も違えば名前も知らない生徒もいるでしょう。

それでも、なんとなく「あぁ、あいつはいつも頑張ってるな。」とか、「あぁ、あの子はいつも予習をして来て偉いな。」とか、そういうことはたとえ一言も話したことがなくても、同じ授業を受けている仲間として感じることがあると思います。

良いことだけではありません。

悪いことだって、チームだからこそ影響する場合があります。

宿題を忘れる生徒がいる。

補習に当たり前に来ない生徒がいる。

個別指導の塾なら、それもその生徒一人の問題なのかもしれません。

自分一人がサボって自分一人の成績が下がるだけ。

自己責任、という話で片付くかもしれません。

しかし、集団指導塾の同じ学年のチームとして授業を受けている周りの仲間からすると、それは無視できません。

「他人は他人、自分は自分」そんな風に割り切れる人なんてなかなかいないですよね?

誰かがサボっていれば、それを見て自分もやる気をなくし、「なんであいつだけサボっているんだよ…」とストレスがたまるのも当然ですよね?

一度言って分からないのであれば、それなりに強く言わないといけないのだと私は考えています。

仮にそれで怒られた生徒が塾を去っていくとしても、チームとして定期テストや入試にむかって戦っていくためには、私としても妥協できない部分はあります。