中学生は現在全学年で募集を停止しています。 キャンセルが出ましたら募集を再開いたします。

公立小中高、休校要請に対して

3月2日から公立小中高への首相により休校要請が出されました。

それに対する山口学習塾の対応は以下の通りです。

2月28日(金)~3月1日(日)

城南中;3月2日の定期テストの実施状況次第で判断します。テスト2日目が中止・または延期の場合は、残りのテスト対策は中止とします。3月2日(月)に定期テスト実施の場合は、テスト対策を予定通り行います。

2月28日(金)の中1、中2授業は参加人数が福原中のみと少ないため、予定通り行います。

また、公立受験生で面接を控えている生徒たちの面接練習は予定通り行います。(面接試験が延期、中止となった場合は練習も中止いたします。)

3月2日(月)~3月8日(日)

3月2日(月)~3月8日(日)は授業、自習などすべて休校(休校期間が長くなりますので、平日14時~19時で自習は受け入れることにいたします。家で勉強できない場合は、ぜひ塾を利用ください。)とさせていただきます。休校となった授業に関しては、事態が収束に向かい次第振替授業を行ってまいります。

振替授業日程は後日お知らせしてまいります。

また、この期間は授業は休校といたしますが、塾は開けております。

ただし、営業時間を短縮する予定(14時~19時)です。

3月16日(月)から新年度授業を開始していきます。

3月9日(月)から新年度の授業を開始します。

政府の要請が出されましたので、3月16日(月)からの授業開始とさせていただきます。

詳しくはこちらのページに書いてあります。

ただし、来週一週間の情勢を見てさらに休校措置が長引く可能性もございます。そうなった場合は、改めて本ブログに情報を更新いたします。また、ご家庭にご連絡差し上げます。

突然の首相表明に関して、我々も戸惑っているというのが正直なところです。

何とか感染拡大のリスクを最小限にとどめながらも、生徒たちの勉強が遅れてもいけない、という葛藤を抱えております。

春休みまでの学校の休校措置で遅れた勉強は誰がどこで取り戻してくれるのか。

本当は塾も普通に開校した方が、生徒たちがお出かけすることもなくなり、感染拡大防止に寄与するのではないか。

色んな思いで迷っています。

この一週間の休校で様子を見る、という迷いながら下した判断が正しいかどうかも現状全く分かりません。実際はもっともっと長期にわたる休校措置をとらないといけないのかもしれません。

今はこれが正しい判断であってほしい、と願うことしかできません。

同時に先ほど送り出した公立高校受験生たちが不安になることのないように願うばかりです。