大東中のテスト順位の報告が続いています。

学年10位以内で言うと

学年1位

学年1位

学年2位

学年6位

の報告を受けています。

まだ学年10位に入りそうな生徒がいるとのことで楽しみにしています。

 

学年10以内の上位陣も素晴らしい結果を残してくれましたが、30位台、20位台の生徒たちもずいぶんと順位を伸ばしてきた生徒がいます。

やはり、そういう生徒たちはテスト対策中の課題の取り組むスピード、姿勢が違います。

前のめりというか、エネルギーが出ているというか。

ダラダラしていない。キビキビしている。

表現が難しいですが、勉強をしに来ているというのに元気なんですね。

(性格は関係ありません。静かで口数が少ない生徒でも、エネルギーを感じる生徒はたくさんいます。)

 

中2生は今回ずいぶん差がついてしまいました。

伸ばした生徒と下がってしまった生徒。

結果を嘆くよりも、その前の行動を省みてください。

結果を嘆くだけの努力を本当にしたのか。

いつもより手を抜いた部分は本当にないのか。

成績を上げている生徒と同じ強度で、同じ前のめりのエネルギーで、同じ向上心で、テスト対策を戦い抜いた自信が本当にあるのか。

その部分を省みてください。

 

来週から二学期期末テスト対策が始まります。

初日の勉強から、テストの点数に影響しますからね?

「まだまだ時間がある」

なんていつも通りの意識でいたら、現状維持もないですよ。

「あと3週間しかない。」

この意識で自分自身を追い込んでいってください。