昨日、長女の幼稚園の運動会がありました。

その運動会で卒園生のリレーが行われました。

卒園生の各学年が司会の先生から紹介されます。

小学1年生、2年生、3年生…6年生。

まだ続きます。

中学1年生、2年生、3年生…

そして、高校1年生!

なんと幼稚園の運動会に高校1年生が参加しに来ていたんですね。

スゴイことですよね。

私は卒園生のリレーなんて、せいぜい小学2,3年生くらいまでかな?と思っていました。

高校生になってまで戻りたい場所。

幼稚園の先生方も本当に嬉しかったと思います。

 

私も自分の塾がそうであったら嬉しいだろうな、と。

実際に社会人になって就職が決まったと報告してくれる卒業生もいます。

転職するんだ、と報告をくれる卒業生もいます。

その度に自分のやってきたことが間違ってなかったのだと嬉しくなります。

山口学習塾を覚えていてくれたことに感動します。

まだ結婚や出産の報告をもらったことはありませんが、いずれそういう日が来たらどれだけ嬉しいか、どれだけ感動するか。

昨日の運動会の後にしみじみ思いました。

もちろん、そういう塾であり続けるには全力で皆さんにぶつかっていかなければいけません。

中途半端な塾、中途半端な塾講師では、卒業してまで会いに行きたくなることなどないでしょうから。

卒業しても訪ねたくなる塾。

話に来たくなる塾講師。

そういう場所を目指し続けていこうと思います。