490点越えの学年1位。

素晴らしいです。

何が素晴らしいのか。

前回の課題を見つめて、自分自身でそれを乗り越えたのが素晴らしい。

我々は学校ではなく学習塾ですから、「学年1位」「490点越え」どうしてもそういう部分を強調しなければならないところはあります。

しかし、当たり前ですが、このような素晴らしい結果は本人の努力、本人の意識がなければつかむことはできないのです。

自分の悪かった部分、次にどうしていかなければいけないかという悩み、そしてそれをいち早く実行に移す意識、実行を続ける忍耐力。

それがあっての結果、だから素晴らしいのです。

今回の期末テスト、この生徒だけでなく、多くの生徒が前回のテストの反省点を我々から指摘され、その改善に素直に反応してくれました。その結果成績を伸ばすことができた生徒たちは、何をどうしたらこの結果が出たのか、自分自身で胸に刻んでほしいと思います。