一学期期末テスト対策も一週間が経過しました。

今日から学校のワークの範囲は終わっているものとして我々は課題を渡していきます。

ワークが終わってないからできない、は通用しません。

塾にいる時間はあくまでも課題を優先させてもらいます。

これはいつも言い続けていることですが、課題が遅い生徒は成績が伸びません。

つまり、いつまでも「学校のワークが終わらない」という言い訳を我々が認めてしまっては、その生徒は「いつまで経っても変わらない」ということになってしまいます。

自分なりにちょうどいいペースで今までの自分を変えよう、というのは少々都合のいい話だと思いませんか?

変わりたいなら自分のペースなど守らないでください。

我々が要求しているペースに必死について来てください。

偉そうなことを言うようですが、変わりたいなら多少の無理は必要ですよ?

部活の大会が終わった生徒も出てきましたね。

大会が終わった生徒は期末テストに向けて全力を傾けてください。