明後日の公立高校入試。

今のところの天気予報は曇り時々雨。

大事なのは、替えの靴下を持っていくこと。

足元がびしょびしょのまま試験に臨む。

乾いた靴下、乾いた上履きで試験に臨む。

当たり前ですけど、乾いた靴下、乾いた上履きで試験に臨む方が精神的に落ち着きますよね。

また、周りを見渡して、皆びしょびしょの靴下、上履きで過ごしている…。

その中で自分一人がいつも通りの足元で試験に臨んでいる。

少しの優越感。少しの余裕。

そういうことが入試の点にも少なからず影響してきます。

合否を分ける境目は、多くの場合数点の差です。

朝、靴下の予備を用意する、予備の靴下を高校の玄関で替える手間、そのわずかな差で合否が分かれるかもしれません。

面倒だと思わず、準備をしましょう。