期末テスト結果報告が続いています。

その中で目立つのが前回の中間テストで点数を落とした生徒たちの挽回です。

とくに驚いたのが、3教科満点を持ってきた生徒。

さすがに1年生と言えども、2学期期末テストともなると1教科でも100点をとるのは難しいです。

それを3つ揃えるとは…恐るべし!

ただこういう記事を書くと、どうしても結果だけを凄いと言ってしまいますよね。

でも本当に凄いのは、この生徒がテスト対策期間に入る前から自習に来て準備を重ねていたことなんです。

受験生ではないんです、この生徒は中学1年生なんですよ。

ただでさえ山口学習塾のテスト対策期間は長いというのに、それにプラスして学習をしたのです。

結果が出ない生徒が、結果を出している生徒を見て「〇〇ちゃんは良い点とれるからいいよね~。」なんて僻みに似たような言葉を聞くことがあります。

私はそういう言葉を聞くたびに悲しくなります。「何で得点しか見れないんだろう?結果しか見れないんだろう?その得点、その結果を出すために、他人より多くの時間を犠牲にして、多くの努力をしている姿がこんなに近くにあるのに…。」

今の山口学習塾には有難いことに努力ができる生徒さんが多く集まっています。結果がなかなか出ない生徒たち、結果を出している人たちの普段の努力をよく観察してください。結果だけを見て羨ましがったり、妬んだりしても一歩も進めません。

結果を出している人がどれだけ自分と違うレベルの努力をしているか、そのエネルギーや空気感はたとえ後ろ姿であっても分かるはずです。