大東中、福原中、高階西中、寺尾中はテスト前日です。

テスト前日で差が出るポイント。

それは我々からの予定(スケジュール)を無視できるか。

本日、たとえば中1なら3時間、中2,3なら4時間の勉強時間を課しています。

「3時間勉強すればいい。4時間勉強すればいい。」それはあくまで「それだけ勉強すればわれわれに怒られない。」という意味で、「いい」というだけ。

われわれが決めた「3時間」や「4時間」がみなさんの成績を上げるために「いい」かどうかは別問題。

毎回、高得点を取ってくる生徒。危機感を持っている生徒は、直前はわれわれの予定を無視します。もちろん、予定を無視して勉強時間を減らすのではありません。

予定を無視して、自分の納得いくまで勉強時間を増やすんです。

テスト直前、彼らはわれわれからの予定など見ていない。

彼らが気にしているのは、われわれが渡したスケジュール表ではなく、明日のテスト、本当に今の仕上がりで点がとれるかどうか。

まだまだ勉強が足りていないのに「ああ、3時間終わったぁ~、帰ろ、帰ろ。」と嬉しそうな顔で教室を出ていく生徒たち。

散々勉強してきているのに「まだ足りない。あと1時間は残ろう。」と危機感をもって必死の顔で教室に残っている生徒たち。

直前でも大きな差が出ています。