中学部募集再開! 中1生 残席2名 (中2生、中3生につきましては締め切っております。)

途中式をきちんと書く。(計算教室)

今日の小学生計算教室では中1で習う文字式の計算を学習しました。中1の計算の中で一番つまずくことが多いのがこの文字式の計算です。

計算教室の生徒も文字式の計算で苦戦する生徒が非常に多いのですが、たくさんの計算問題をこなしていくうちに少しづつ計算のルールが理解できていきます。

計算問題を解いていくときに一番大切なことは途中式をきちんと書くということです。計算の苦手な子ほど途中式を省いたり、一度にたくさんのことをしようとしがちです。

私は小学生でも中学生でも計算問題の質問に対しては途中式を書いて見せてくれと言います。そして、途中式をきちんと書くことによって半分くらいの生徒は答えがでます。答えが間違っている生徒も途中式を見せてもらえばどこが間違っているのかは一目瞭然です。

私も小学生の頃は途中式を書くのが嫌いでした。中学生になり、何度も計算ミスをするうちに途中式をきちんと書いた方が計算するのが楽だと気づき、途中式をきちんと書くようになりました。

私はこれからも口を酸っぱくして「途中式をきちんと書きなさい。」と言い続けますが、たくさん計算ミスを繰り返して、途中式をきちんと書いた方が楽に計算できるということに早く気づいてもらえればと思います。