はじめに断っておきます。これは学校の先生を批判する記事ではありません。

ただ、「一生懸命に勉強した生徒たちの努力を無駄にしないでほしい」という私の個人的な願いです。

ある中学の3年生の理科のテストに「DNAの読み方を答えなさい。」という問題が出た、という話を聞きました。

多くの生徒たちが「ディーエヌエー」と答えたらしいのです。はっきりとこれは正しい答えです。DNAの読み方は「ディーエヌエー」だからです。これは学校の理科の教科書にも、読みがふってありますので絶対に正解にしなければいけない答えです。

しかし、「デオキシリボ核酸」と書かなければ正解にならないらしい、と昨日私の塾では生徒たちが騒いでいました。

たとえば、2年前のある中学校の先生は同じ答えを求める問題を「遺伝子の本体は何という物質ですか。日本語名で答えなさい。」としていました。

さらに他の中学校の先生も、「遺伝子とは何か。名称とアルファベットの略称をそれぞれ答えよ。」としていました。

これであれば、「デオキシリボ核酸」でなければ正解にしない、と言われても生徒たちは納得するでしょう。

しかし、「DNAの読み方を答えなさい。」という問題で、「デオキシリボ核酸」という答えを求めるのは、あまりにも横暴だと私個人的には感じます。

何より私が悲しいのは、このテストに向けて、それこそ自分の遊ぶ時間、休む時間を削って学習してきた生徒たちの努力が報われないということです。

「たかが1点くらいで…」違います。それは断固として違います。

その1点を削り出すために彼らは本当に必死に努力してきたのです。そして、テスト本番も細心の注意を払って1点をもぎ取りに行ったのです。

今回、「ディーエヌエー」と解答した生徒たちは、当塾の中でも上位生ばかりです。彼らは誠実に勉強し、誠実にテスト問題に取り組んだからこそ、「デオキシリボ核酸」ではなく、問題を十分に読み取ったうえで「ディーエヌエー」と答えたのです。

作問なされた学校の先生に、この記事が届く可能性が1%もないことは承知です。承知の上で言います。

学年上位の生徒たちが、揃いも揃って「デオキシリボ核酸」という基本中の基本の知識を勉強していない、そんなことがあると思いますか?

彼らは当然のようにその知識も備えた上で、先生が作られた問題を一生懸命読み解き、誠実に正しく答えたのです。それをふいにしていいのですか?

塾の先生の中には、学校の先生を嫌う方もいらっしゃいますので、この記事もそういう好き嫌いの気持ちから出ていると思われるかもしれません。しかし、違います。

私は生徒30名以上を前にして授業をしている学校の先生方、勉強だけではなく生活面も教えなければいけない学校の先生方、朝練、放課後、休日の部活動も管理しなければいけない学校の先生方に敬意を持っております。

勉強だけ、成績だけを考えればいい我々塾講師では、計り知れないご苦労、責任を背負われていることでしょう。

特に私は学生時代に教職課程も経ていませんので、偉そうなことは申し上げられない立場であることも承知しております。

その上で、もう一度言います。今回のこの件に関しては、やはり「ディーエヌエー」を正解にしなければいけないと思います。

私なんかよりも、学校の先生方のほうが生徒たちの努力を間近で見ていらっしゃると思います。学校で授業を真剣に聞き、塾でも勉強し、さらに家に帰っても夜遅くまで自分の部屋でテスト勉強をしている生徒たちの姿を想像していただきたいと思うのです。

そういう努力をした生徒たちほど報われない結果になるとしたら、それは作問された先生ご自身も本意ではないと思うのです。

この記事を書いているこの時点で、すでに善処がなされていることを望みます。

「努力は報われる」それを子どもたちに伝えるのことも、我々大人がしなければいけない大事なことだと信じています。