受験生の休み明けテスト。

正直、結果は散々でしたね…。

何と合格はたったの4人。

年末の入試模擬テスト、皆さん、そんなに手応えがあったんですか?

何を根拠に年末年始、追い込む必要がないと判断したのでしょうか?ゆっくり休めると勘違いしたのでしょうか?

年末の入試模擬テストの様子を見て、「今年の受験生は一味違う。」私はそう思いました。

でも、間違っていたようです。

君たちは、まだまだ甘い。例年の受験生と比べても甘いかもしれない。

テスト時間が短かった?

休み中に色々あって勉強時間が取れなかった?

何を言っても勉強不足の言い訳にしか聞こえませんよ。

4人が合格したのです。その4人は上位生だけじゃないですよ。

現時点でバラバラの実力を持つ4人が合格したのです。

4人が合格した理由は能力でもセンスでも何でもありません。

努力です。

不合格の皆さんがテレビを見て、餅を食べて、スマホをいじっている間に、この4人は勉強をしていた、ただそれだけです。

「超難しかったよ~。時間も全然足りないし。合格できるわけないじゃん。」そんなことを口に出してしまっている人、口には出さずとも頭によぎっている人。

入試本番で同じことが言えますか?

私立高校入試はもうすぐ目の前まで来てるんです。

公立高校入試だって2カ月を切ってます。

いつまで出来ない言い訳を探してるんですか。

いつまでいつか伸びるという淡い希望を持ってぼんやりしてるんですか。

次の一瞬、手を抜いた瞬間、居眠りをした瞬間、その一瞬の過ごし方で合否を分けるかもしれない時期に入っているんですよ?